森のはなし

森のはなし

ぼくが
生まれた
ところ

青梅の成木を舞台に、青梅の樹から生まれた椅子が、街から里帰りする姿を描いた物語(制作/地元びいき)

青梅の杉林

ぼくが生まれたところ
ここは地面がふかふかだし​​
おひさまもよく当たって​​
とても気持ちいいんだ​

東京都の青梅市

東京のはじっこ、緑深い青梅の森で育ったよ

ひとの手が入らなくなった森が

増えてしまったんだ

 

放置された森はこんなに暗い

 

地面に太陽の光が届かなくて

植物もあまり生えてない...

 

日本中にこんな森が

増えているんだって

木を立派に育てるには
木々が密集しないように『間伐』をします
野菜を育てるときと同じように”間引き”が必要​​
間伐をすると地面に日光も届きます

木が育たない...

間伐されていない森の樹木は
日光が届きにくく、
利用できる木材になりにくい
→木材を利用しないと伐採が進まず
木が混みあい成長しない

樹木の高齢化で
花粉が増える!?

樹木が40歳以上になると
花粉の飛散量が急増!
またCO2吸収量も低下
することがわかっています​

土砂崩れの
危険増加!


間伐されている森よりも
放置されている森は
大雨が降ったときの土砂が
崩れる危険性が高まります

土砂崩れ

間伐と土砂崩れの関係

【間伐しないと...】

木々が密集していくので
森の中が暗くなり
樹木も成長しにくく
地面の植物たちも生えにくい

【間伐すると...】

地面に日光が当たって
下草が生えたり
残された木々が
のびのびと成長しやすい

植物と土壌と雨の関係

一滴の雨粒の衝撃を地表が受ける時
地表に植物があるか無いかで
土の流出量も違います
(葉のクッション&根のスポンジ効果)

つまり

土がまる出しの土壌は、
雨がふると表面の土が流れ出しやすく
土砂崩れにつながりやすい

雨水が地中に浸透する間もなく流れ出してしまうので、森の大きな役割である"貯水機能"が落ちてしまいます

森の中にゆっくり浸透した雨水は
地下水となって時間をかけて”湧き水”となり
ミネラルウォーターの原材料となっています

 

森の中の雫

森のたくさんの機能

酸素をつくる

1本の木がつくりだす酸素量は年間20kg。青梅市の山林で約40万人の酸素供給量があります(ただし、樹齢とともに二酸化炭素吸収量と酸素供給量は減っていきます)

クールダウン

森林では樹葉が直射日光を遮り、葉から蒸散された水分が周りの熱を奪います。冷やされた空気は樹木の下へ向かい、わずかな空気の移動が木陰の涼しい風となります

生態系の土台

森林は樹木や草、コケなどの植物や、菌類、土壌微生物、昆虫、鳥、爬虫類、哺乳類など様々な生き物の生息・生育の場となっています

森の中

わたしたちにできること

もっと知ろう!

Coming soon!

・日本の森林率は世界2位!?
・木造建築でも、ほぼ海外の木材
もっと「木」について学んでみよう

もっと使おう!

Coming soon!

青梅や奥多摩の木材を扱っている、貴重なところをご紹介します!

森で活動する人たち

Coming soon!

森林保全活動など、青梅の森林や山で活動する方々をまとめました。ぜひ一緒に活動参加してみよう!

東京産材の枝と木で作った東京うまれ東京そだちのイス「home ホーム」。

普段、私たちが使っているモノ(プロダクツ)には必ず源があります。生まれ故郷の青梅市成木へ帰る姿に、ルーツ(ここでは「木材の物流」)を重ねて制作した3分ほどのPVです。 単なる動画撮影したものの逆再生ではなく、3日間で6000枚以上撮った写真でストーリーを組み立てたアニメーションです。観た方それぞれの視点で何か感じるものがあったら嬉しいです。

タイトル「home ホーム」の由来は、「h」をイスの横顔に見立て、イスの木材の故郷である青梅=omeを合わせました。撮影場所のほとんど東京(一部、埼玉県飯能市)です。

 企画・制作 都会の村人プロジェクト/地元びいき jimoto-b.com/ 撮影:栃久保 誠 tochikubomakoto.com/ ロゴ:津久井卓也